2016年05月16日

TEANA リフレッシュ

会社の休みを利用して、いよいよリフレッシュ!
ウロコとなっている雨ジミ、細かな洗車キズ他
細かなキズを出来るだけ無くしてコーティングします。

まずは洗車。
ウォータースポットが多いので酸性シャンプーで洗い、
一度流したあとで、汚れ(シミ)の酷い部分を
アルカリ性シャンプーで洗い流します。

洗車キズも全体に結構あります。
このせいで輝きが鈍くなっています。

21060617_1.jpg

乾燥させ、マスキングして磨きにはいるのですが
中古ですので塗装の厚みは不明。。
流石に怖いので今回はシングルポリッシャー+ウールバフ
コンパウンドは3M超微粒子を選択。まずは全体を磨きます。

09_コンパウンド.jpg

21060617_2.jpg

キズはほとんど無くなったので、磨きキズを減らす為に
ウレタンバフ(細目)にて再度磨きます。

今までは白パールだったので、この後に極細目で磨き
仕上げていたのですが、今度の車は「黒!」
このままでは磨き目、オーロラマークだらけで
専門職としては恥ずかしい状態になります。。

そこで久々にダブルアクションのポリッシャーを使います。

21060617_3.jpg

仕事ではギヤアクションを使っているので
中磨きから仕上げまでを出来るのですが
なんせ高価なので。。。

実は磨き始めの頃にネット等で安価で人気があったのと
シングルを使う怖さにビビリ、購入したものです。
使ってみたらちょっと深めのキズがなかなか消せなく
結局は安くかえたのでシングルに変更してました。

ちなみに、これブレーキリングを外しています。

21060617_4.jpg

バフは極細目に超微粒子で更に小キズをなくしていきます。
そして最後は仕上げ磨きとなり、後で磨きあとが出ないよう
更に細かなコンパウンド等を用いながら磨きあげます。

磨きあとはコンパウンドの粉だらけですので再度洗い流し
全体をシリコンオフで脱脂したらコーティング。
業務用の硬化型ガラスコーティング剤です。
やはりコーティングしたあとは艶が増して綺麗です。

実は洗車後、磨きの戻りというのか?磨き残しに気づき
悩んではみたものの、フイルム貼りも控えていたので
また後日という事にしてしまいました(汗
仕事の時はこうはいきませんが、自分の車なので
いつでも出来るという甘えです(汗

そして準備していた車種別にカットされているフイルム貼り。
純正のガラス位の明るさが欲しいので可視光30%の物です。
原料着色フイルムなのでちょっと高くなりますが
フイルムの色が抜けた状態は嫌なので長持ちするよう選択。

ここで時間もなく?面倒なので内張りを外さずに施行を開始。
もう十数年ぶりの施行でちょっと失敗もありましたが
4〜5万円の費用を数千円でやってるのだからと納得。

綺麗になると目立つの下回りの未塗装部分。
かなり経年劣化で白くなっております。
ここも100均でおなじみメラミンスポンジ等を用いて
黒樹脂部を復活させました。

そして完了!
20160525_01.jpg

20160601_01.jpg

内装は前オーナーが禁煙車だった事もあり、
非常に綺麗なので掃除機かけて内窓拭いて終わり。

まだやりたい部分は多々あるのですが、
購入時と比較すれば大分リフレッシュできました!

<追記>
 この2週間後、ケイ素系コーティング剤で
 表面のオーバーコーティングしています。
posted by よろずや at 19:53| Comment(0) | TrackBack(0) | CAR
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/175574727
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック