2016年05月11日

TEANA 特徴がないセダン

納車したばかりのTEANAですが、正直良く分かっていません。

「4ドアセダンはおっさんが乗る車」と、
(すでに十分なおっさんですが)
全く興味を持っていなかったんです。(汗

外観に特別なデザインがあるわけでも無く、
長さ4m80という特別に大きくもなく、
馬力があるわけでもないし、排気量も2340ccと微妙、
装備が凄く豪華というわけでもない、
これといった特徴が無い中級セダンです。

購入を決めた一つはV6エンジンだという事。
(車を見にいってボンネット開けて初めて知ったのですが)
20160510_6.jpg

最近は環境やら燃費やらで直4エンジンばかりなので
6気筒というのは今の時代では特徴?になるかな。。
更にVQエンジンなので、タイミングベルト(10万KM交換)が不要。
これは経済的に助かりますね。

純正オーディオは初期のモデルだけで、その後は設定が無くなった
6スピーカー+ウーハーというのが付いています。
社外オーディオ等にするつもりも無く、これはありがたい装備です。

ドアミラー裏のツィーター
20160510_2.JPG
ウーハー
20160510_3.JPG

ナビメニュー等も当然以前より大分増えていて、不明な設定等ありましたが
ありがたくも取説等も全て揃っているので助かりました。

快適装備といえば、後席エアコン(吹き出し口)
20160510_5.jpg

ELGRANDのように前後別の温度設定や風量設定はありませんが
例え後席にフイルムを貼ってあっても、快適さは違うかと。

そして、娘がお気に入りの電動オットマン
20160510_4.JPG

これ、絶対私が使う事がない装備ですが、
娘の的に、思い切りはまったようで、助手席が指定席になりました。
そのうちに絶対飽きると思われますが。。。

ELGRAND(E50)からTEANA(J31)という変更で、
本当に何もかも違うのですが、実際に乗り始めてみると
以外にも良く走るのに驚きです。
VG33とは排気量が1000cc少ないのに調べてみたら馬力はほぼ同じでした。

また19万KM走りヨレヨレだった足回りに比べて、
これも以外にしっかりしてて、且つ乗り心地も良い。
もっとフワフワしてるかと想像していただけに
とりあえずサス交換は不要という方向へ。

なんかこの車は主張が強い(個性的な)のと違い
街に普通に溶け込んでしまうような
「特徴のなさが特徴」
なのかもしれないです。

この車も古いので、これから何年乗れるかわかりませんが、
以外に良い買い物だったかなと。。
 
posted by よろずや at 15:27| Comment(0) | TrackBack(0) | CAR
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/175584520
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック