2012年02月01日

電源プラグと余談


自分の記録用を兼ねて、今回の中国関係記事を続けてましたが
とりあえずこんなとこですね。

中国国内のニュースによると、この春節期間の
里帰り関係での公共交通機関利用者が3.4億人らしいです。
自家用車での里帰りもかなり増加してるし
総人口の30%以上は移動しているんでしょう。

動いている現金を考えると・・すごいですね。


中国の電源プラグですが一般的にはこんな感じです。
20120129015.jpg

本来なら?差込口下側がメインですが、
日本と同じ形状のものも多種存在するためか
日本製品でも電圧さえ240Vまで対応していれば使えます。
(中国は220Vですが、日本のように安定した電圧ではない地域も多く
240Vまで対応しているものがBESTです。)

しかし延長コードや、外資ホテルなどにいくと目にする
マルチのタイプも結構多いです。

IMG_20120117_204503.jpg

これは結構便利で、各国のプラグが使えます。
広東省だと香港製品が多く入ってくるためか?結構見かけます。


余談ですが

今回中国の地域による特色というのを感じました。
広東省は外資は勿論、中国企業でも電器製品の製造拠点が多いのですが
無線LAN対応ルーター等、メーカーが深センばかりです。
DVD等もやはり広東は圧倒的に多いですね。
中にはドライブが日本SANYOとかもあります。

TVもTCLやスカイワース?だったかな、深センにあるメーカーが
日本SHARPやTOSHIBA等と並んでますね。
すでにSMART-TV対応となっている商品も並んでました。

ところが水晶になれば江蘇省、広東省の市場とは
比較にならない位の高値販売。
茶葉、酒、製薬会社、漢方、医療用機器、皆得意とする省があります。

日本以上にネットショッピングが流行るのも距離を考えれば納得です。
posted by よろずや at 20:39| Comment(0) | 中国
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: